SpringのAOPやMockitoでopenって書きたくない

all openプラグインを利用します。

利用できるversion

1.1以降

使い方

build.gradleに以下を追記してください。 明示的なopenが不要になり、デフォルトでclassがopen(継承可能)となります。

buildscript {
    dependencies {
        classpath "org.jetbrains.kotlin:kotlin-allopen:$kotlin_version"
    }
}

apply plugin: "kotlin-allopen"

allOpen {
    annotation("com.your.Annotation")
}

用途

DIライブラリ、Mockitoなどとの組み合わせ

参考URL